予約
web予約

姫路駅前グランツ歯科

  • 電話する
  • WEB予約
  • アクセス
MENU

ブログ

Blog

歯を抜いた後の注意点

Pocket
LINEで送る

こんにちは!姫路駅前グランツ歯科の歯科助手です☺️
4月になり、桜の花が今を盛りとばかりに咲き誇っていますね!お花見にはもう行かれましたか?🌸

4月から新生活の方もおられるのではないでしょうか?
最近、姫路駅前グランツ歯科にも新入社員が入ってきました!

私も最近姫路駅前グランツ歯科に入社し、4ヶ月が経ちました。
まだまだ学ぶことが多く日々勉強の毎日です。これからも患者様のために様々なことに挑戦して、成長していこうと思います🕊

さて、今回は歯を抜いた後の注意点について説明させていただきます。
皆さん歯を抜いた後はどうすればいいと思いますか?
歯を抜く予定の方は予習し、歯を抜いた方も、もう一度おさらいしましょう️💪✨

①ガーゼ
抜歯後に噛んでいただくガーゼは、そのまま10分~30分程度噛み続けていただきます。
血が止まらない場合は、血が止まるまで新しいガーゼを噛んでください。

②腫れや痛みが強いとき
痛み止めを飲んでも痛みがある場合、周辺を冷やすと痛みが和らぎます。しかし、冷やしすぎにはご注意ください。

③習慣やお風呂
お酒、タバコ、激しい運動はやめましょう。お風呂はシャワー程度にして下さい。

④うがい
2、3日は軽めのうがいにしましょう。

⑤お薬
痛みがなくても抗菌薬を飲んでください。体に合わない場合は、すぐに中止してください。

⑥食事
基本的には、麻酔がきれてからお食事してください。麻酔が効いている間は、舌や頬を噛むことがあるので、どうしてもというときは気をつけてお食事してください。

⑦ブラッシング
2、3日は傷口を触らないように優しくブラッシングしてください。

これらの注意点を守らないとドライソケットになってしまう可能性があります。

ドライソケットとは、抜歯後血が固まらなくて穴が塞がらず、骨が露出してしまうことです。痛みや臭いが強い特徴があります。

原因として、

①アルコールの摂取、長風呂、運動→血行の促進
②タバコ→血行の悪化
③必要以上のうがい
④血が出にくい体質

などがあります。

飲酒や喫煙、運動を控え、うがいや歯磨きを優しくすることでドライソケットを防ぐことが出来ます。
また、血餅(血の固まり)を剥がさないために、舌や指で抜歯したところを触らないように気をつけることも大切です!

ドライソケットを防ぐためにも、抜歯後の注意点をしっかり守りましょう🦷✨

最後までお読みいただき、ありがとうございました☺