予約
web予約

姫路駅前グランツ歯科

  • 電話する
  • WEB予約
  • アクセス
MENU

ブログ

Blog

長持ちするむし歯治療

Pocket
LINEで送る

こんばんは。

院長の粟谷です。

あと1日で今年の診療も終わります。

開業して3ヶ月が経過しましたが、無事に今年の診療を終えられそうで、お世話になった皆さまに感謝です!

今日は私の前職のアップル歯科クリニックから林先生が治療を受けに来てくれました。

右下奥歯の古い詰め物をやりかえてほしいという事でした。

歯を見てみると、コンポジットレジンと呼ばれる、光で固まる樹脂が歯に詰められていましたが、すり減ってしまい歯の原型をとどめていない状態でした。

さらに歯とコンポジットレジンの間には隙間ができていました。

口の中にはおびただしい数の細菌がいます。

細菌は裸眼で見ることが到底できないくらい小さいので、この隙間には余裕でむし歯菌が侵入してしまいます。

案の定、コンポジットレジンを外してみると、中はむし歯になっていました。

(「むし歯になっているのに痛くないの?」とおっしゃる方が多いのですが、大人のむし歯はゆっくり進行するので、痛くなる頃には相当進行している事が多いです)

むし歯ですが、実はこのように治療したところから再度、むし歯になるケースが多発しています!

これを繰り返すと、どんどん歯が少なくなり、いずれ歯を抜かないといけなくなるというわけです。

どこかでこの進行を止めないといけません。

では、どうすれば良いのでしょうか?

治し方によっていくつか方法があるのですが、今回はコンポジットレジンについてお話しします。

コンポジットレジンの予後(どれくらい長持ちするか)は、歯とコンポジットレジンの接着力にかかっています。

最近のコンポジットレジンは物性が良くなっている(歯と同様の硬さ)ので、すり減りが少なくなりました。

後は歯とコンポジットレジンが強固に接着していれば、むし歯菌は隙間に侵入する事ができなくなるため、むし歯の再発が防げます。

接着力が落ちる原因はいくつかあります。

①むし歯が残っている

②材料を適切に扱っていない

③唾液などの水分が侵入する

以上のような原因があるため、それらに配慮しないといけません。

特に水分の侵入は致命的で、呼吸するときの水蒸気の水分でも接着力が落ちると言われています。

ですので、当院では、「むし歯を徹底的に除去し」、「材料の操作を適切に行い」、「水分が侵入しないようにラバーダムを装着」するようにしております。

そうすることにより、再治療が防げるので、歯医者に行く回数が減ることになりますよ!

ちなみに林先生の歯はこんな感じで治りました!青いシートは「ラバーダム」です。

むし歯を取ったところ
コンポジットレジンを詰めたところ

では、皆さん、良い年末をお過ごしください✋